兵庫で中古車販売、自動車の査定をお考えでしたら、良質なお車を店頭に展示しております。是非一度お立ち寄りください。

スピッツKun車検

クルマの部品は、使用することによって摩擦や劣化が避けられません。
立会い診断で、スタッフと一緒にチェックしてみましょう。

申込・お問い合わせ
各部分

1.ワイパー

拭き残しは運転中の視界を妨げ危険ゴムが劣化している場合は新しいワイパーゴムと交換します。油膜の汚れにより拭き残しが出る場合もありますので、スタッフにご相談下さい。

2.ブレーキオイル

ブレーキオイルは、使用していると空気中の水分を含んできます。水分を含んだブレーキオイルは、ブレーキの効き具合や不具合発生度が高まりますので点検が必要です。

3.ベルト

エンジンルームには、オルタネータ(発電機)や冷却ファンなどを回すいろいろなベルトがあります。

4.エンジンオイル

エンジンオイルは汚れたり量が減ったりするので、こまめな点検が必要です。

5.LLC (エンジン冷却水) 

エンジンを冷却するにはLLC(ロングライフクーラント)には、腐食防止のさび止め剤や凍結を予防する不凍液などが入っていますが、これらは走行するうちに性能が低下するので点検が必要です。

6.オイルエレメント

オイルエレメントは、エンジンに有害な異物や汚れをろ過しています。エンジンオイルだけでなく、オイルエレメントの適切な交換時期も点検が必要です。

7.ATF (オートマチックオイル) 

ATFは動力伝達や油圧で変速制御などを行っています。ATFが劣化すると、燃費の悪化や変速ショックなどが発生しやすくなるため、点検が必要です。

8.エアエレメント

エアエレメントは、エンジンに吸入される空気をろ過するものです。RV車や4WD車のようにホコリや砂地を走行することの多いクルマは、当然汚れもひどく、交換時期が早まります。

9.ブレーキパッド

ブレーキパッドの減り具合は、車検で点検しましょう。ブレーキペダルの踏みしろに異常を感じたり、走行中に異音がしたら早急に整備が必要です。

10.タイヤ

重たい車を支えているのは4本のタイヤ。空気圧の不足や、お車の状態の変化によりミゾの減り方も大きく変わります。快適なドライブを楽しんでいただくために、タイヤの内側など普段点検しにくい所も立会い診断でスタッフと一緒にチェックしましょう。

スピッツKun車検はここが違う

お安いプラン

申込・お問い合わせ

TOPへ